車を動かす力について

作動装置(デファレンシャルギヤ)とは

和室
作動装置は正確にはには差動装置で、エンジンからの駆動力を車輪に伝える際に、左右の車輪に振り分ける動力に差を付けるために、車軸の中央付近に設けられる装置です。そのため動力の無い車輪には必要ありません。
車がカーブを曲がる際には、カーブの内側になる車輪と外側になる車輪とで左右の車輪の回転数に差が出ます。
これはカーブの半径が小くなるほど、つまりハンドルの切り角度が大きいほど顕著になり、このまま走行すると駆動力を無駄無く有効に伝えられないばかりでなく、内輪と外輪との回転差でブレーキがかかったのと同じ状態になりスリップ等の危険もあります。そこで、左右の回転差を吸収しつつも、一つのエンジンの回転を、異なった二つの回転速度に振り分けるこの装置が必要になります。カーセブン 評判
この装置は駆動する左右の車輪一対ごとに必要になるので二輪駆動車には一つ設置されます。しかし、四輪駆動車では二対の装置に加えて、前輪と後輪の回転差を吸収するためにもう一つ必要になる場合があり、センターデフと呼ばれるものがこれになります。このことが、四輪駆動車が二輪駆動車よりも車重が大きくなる原因にもなっており、車両価格にも反映しています。この装置の構造にはギヤを使うものが一般的ですが、悪路や雪道などの接地抵抗が極端に低い状況では、負荷のかかっていない方の車輪を空転させてしまうという欠点があります。
そこで、差動を固定して、負荷のかかっていない車輪の空転を防ぐためのデフロックが考案されました。
これによって、悪路でのスタックや脱輪からの脱出時にも車輪へ確実に駆動力が伝えられるようになって、走破性や発進能力が向上しました。