車を動かす力について

ブレーキLSD

カテゴリー 未分類

車には左右の回転差を作り出すデフが装備されていますが、通常のデフはオープンデフと呼ばれ一輪が空転すると空転したタイヤにだけ駆動力が伝わる欠点があります。これを解消するには左右の回転差を無くしてしまうデフロックがありますが、デフロックでは回転差が無いためにオンロードでは走りにくくなります。デフロックの欠点を解消し通常時ではオープンデフで走行し、空転時にはデフをロックしてしまう機構をLSDと呼ぶのです。LSDは快適性と走行に関わる機能性を確保した機構となっていますが、部品点数が多くなるため低価格の車両には装備できないのが一般的です。高価な車両以外ほとんどがオプション設定となっている特徴がありますが、安価にLSDの機能を持たせたものが一部のメーカーで採用されているブレーキLSDとなります。ブレーキとLSDを組み合わせることによってLSD効果を発揮する構造となっている点に特徴があります。基本的な構造は、タイヤが空転した際に意図的にブレーキをかけ空転を止めることで駆動力を得る仕組みとなっています。ブレーキでタイヤの空転を止めることで、疑似的にLSD効果を発揮できる仕組みとなっていますが、基本的にはオープンデフとなりますので簡易的なLSDとなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。