車を動かす力について

回転感応式

カテゴリー 未分類

自動車が走行する際、直線的に走行している場合は、駆動している左右の駆動輪は均一な回転を行っているため、それぞれの車輪の速度に差はありません。しかし、カーブでの走行の場合、カーブ内側の車輪と、外側の車輪との間に回転数の差が生じます。これは、カーブの走行によって、左右それぞれの車輪が走行する距離に変化が現れるためです。
こうした差を無くし、路面にトルクを均一に伝達するため、デファレンシャルギヤといった機構が採用されています。
これは左右の駆動輪の間に取り付けられ、内部のギヤにより、回転数の差を修正する役割を持っています。
しかし、こうしたデファレンシャルギヤは、片方の車輪への負荷が低くなると空転を起こしてしまい、もう一方の車輪を回転させることができなくなるという欠点があります。
こうした欠点を解決するため、リミテッド・スリップ・デフといった機構が採用されています。
これは、左右の駆動輪に対するデファレンシャルギヤの働きを限定的に抑制し、車輪の空転を防ぐ機能を持っています。
この装置が機能するには、左右の車輪の回転数や速度を検知する必要があります。
回転感応式のリミテッド・スリップ・デフでは、左右の車輪の回転数の差がある一定以上に大きくなった時に作動するものとなっています。

コメント

コメントを受け付けておりません。