車を動かす力について

オープンデフでは一輪が空転した際に駆動力が全て空転したタイヤに伝わってしまう特性がありますが、これを解消するにはデフロックを装備することが必要です。しかしデフロックでは回転差が無いために、悪路の走破性は高くてもオンロードでの走行に適していなかったため、リミテッド・スリップ・デフが開発されてきた経緯があります。一般的にはLSDと呼ばれていますが、オープンデフの持つ機能にデフロックを備えた機構となっていることが特徴と言えます。タイヤが空転した場合にデフをロックして駆動力を得る構造となっていますが、大きく別けるとトルク感応式と回転感応式、アクティブ制御式の3種類に分類されます。トルク感応式はトルクの反力が一定以上になった場合に作動する構造となっており、多板クラッチ式やトルセンLSD、ヘリカルLSDなど多くの種類があります。回転感応式は左右の回転差が一定上になると作動する構造で、ビスカスカップリングを使用したビスカスLSDが代表的なものになります。アクティブ制御式は油圧式と電磁クラッチ式がありますが、コンピューターにより電子制御を行う点に特徴があります。国産車においては競技用車両やラリーを意識した市販向けモデルに搭載されています。

コメント

コメントを受け付けておりません。