車を動かす力について

デファレンシャルギヤとは自動車等の車輪が付いている乗り物に使用されている動力伝達装置のことで、差動装置の中でも最も身近に使われているものです。車がカーブを曲がるときなどに内側と外側の車輪に回転数の差が生じますが、その差を吸収しつつ動力源から同じトルクを振り分けて伝えることのできる差動歯車のことで、一般的には乗用車などに採用されていて、駆動している左右の車輪の軸の中央部分に設置されています。ワンウェイホイールというのは差動歯車とは違う構造を持っていますが、効果としては同様のもので、構造としては自転車に使われている仕組みと全く同じものとなっていて、コーナーリングをするときに外側のタイヤを空転させることによってコーナーリング抵抗を無くすものです。この仕組みは内輪側の駆動に対して外側の駆動を加速方向に滑らせる構造になっているために、自動車においては構造上コーナーリングで遠心力による加重が外輪にかかるので、外輪の駆動力が非常に強くなければ外側の駆動を加速側に滑らせることが不可能になるので、実際の乗用車などに搭載する場合にはごく低速の車両にしか採用することのできない機構です。一般的にはミニ四駆のグレードアップパーツや電動ラジコンカーなどに使われています。

コメント

コメントを受け付けておりません。