車を動かす力について

自動車は、エンジンからの動力を駆動する車輪に伝達し、走行することが可能となっています。
FF車であれば、前輪2輪が駆動し、FR車であれば、後輪の2輪が駆動します。
自動車が直線上を走行している状態であれば、この左右の駆動輪は同じ回転数を保っています。しかし、カーブを走行している場合、この左右の車輪の回転数に差が生じてしまいます。
そのため、左右の車輪から伝達させるトルクに違いがでるため、スムーズな走行が困難になります。
こういった問題を解決するために作動装置が装備されています。これは、デファレンシャルギヤとも呼ばれ、左右の駆動輪に均等にトルクを伝える役割を持っています。
デファレンシャルギヤの内部には、リングキヤ、サイドギヤ、ピニオンギヤといった歯車が内蔵されており、エンジンからの動力はリングギヤに伝達されています。この動力はサイドギヤとピニオンギヤを伝って、左右それぞれの駆動輪に伝達されます。
通常、リフトアップなどで、車輪に負荷がかかっていない状態では、一方のタイヤを回転させると、もう一方は逆の回転を行う構造となっています。走行中は、左右の駆動輪の速度の差を無段階に修正することで、トルクを均一に伝達することが可能となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。