車を動かす力について

トルク感応式

カテゴリー 未分類

自動車にはスムーズに走行するための工夫がいくつも施されています。
その一つとして駆動輪についているデフギヤというのがあります。
これは自動車がコーナーなどで曲がるような時、コーナーの内側と外側では長さが変わってきます。
そのためコーナーの内側の車輪と外側の車輪で回転差が生じてしまうことになります。
この回転差をうまくデフギヤが調整し、スムーズに曲がることができるようになっています。
しかしこのデフギヤは路面と駆動輪にかかる力に差がある場合、力が掛かっていない方が回転してしまうのです。
例えばコーナーリング時に遠心力で外側のタイヤに力がかかりますが、内側のタイヤは浮き気味となり空転したり力が逃げてしまうことになります。
このような現象を防ぐにはリミテッド・スリップ・デフというものが必要です。
スポーツカーなどによく採用されています。これはデフ内に負荷をかけ空転しにくいようにしています。
そのリミテッド・スリップ・デフにもいろいろ種類があります。
その一つにトルク感応式というのがあります。これはトルセンリミテッド・スリップ・デフとも呼ばれていてデフ内部に複雑なギヤを組み込みアクセルの加減によって生じる入力トルクによって左右の負荷を制限するためスポーツカーに向いています。

コメント

コメントを受け付けておりません。