車を動かす力について

デファレンシャルギヤというのはデフなどと略される場合もあり、自動車に採用されている動力伝達装置で、車がカーブを曲がるときに内側と外側の車輪に起きる回転数の差を吸収して、動力源から同じトルクを振り分けて伝えることのできる仕組みになっています。このことは1つのエンジン出力を2つの異なった回転速度に振り分けて伝えるということで、この装置は駆動する左右の車輪の軸の中央付近に設置されることが多く、動力のない車輪や対となる駆動輪がない2輪車には搭載されることはない。ヨーコントロールデフというのはデフ内に変速機を内蔵することによって、増速または減速状態を作り出して、左右の出力軸に対して電子制御クラッチでこの力を伝達することによって、アクティブに回転差を生じさせると同時に、左右輪のトルク変化によって、ヨーモーメントを強制的に発生させることによって、旋回性能を向上させています。後輪デフの入力側にも変速機による増速機能を持っているものや、左右輪とで3セットの変速機を持っているものなどが開発されていて、数多くの市販車にも取り入れられています。ヨーコントロールというのは走行中の車を旋回させようとする力をコントロールすることで、本来はドライバーがステアリング操作を中心に行うが、機械的に制御してコーナーリング性能を高めた装備などがあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。